Archive

Archive for 12月, 2016

最悪にして最高の一日【完結編】

12月 15th, 2016
コメントは受け付けていません。

<<【その1】はコチラ
 

「弁当のヒライ」で肉うどんといなりで補給を完了した我々。
 
 
さて…そろそろ…
 
という雰囲気になって来たところで、今後の戦略を打ち合わせ。
 
 
時刻は13時40分。
 
 
草千里チェックポイントの関門は14時。
 
 
普通に自転車で登れば1時間くらいはかかるだろう。
 
関門時間には間違いなく間に合わない。
 
 
マラソン大会等であれば、関門アウトになったら回収バスに乗ってスタート地点に戻るのだが、これは「九州HeavenRide」
 
自己責任で判断し、行動するジェントルマン達のイベントなのだ。
 
一番の懸案は
 
「日没までに戻れるか?」
 
だ。
 
このまま草千里を目指したら間違いなく小国へ戻る前に日没だ。
 
もちろんライトは装備しているが、できれば雨中の夜間ライドは避けたい。 
 
 
土橋塾長は重々しく口を開いた…
 
 
「帰ろっか!」
 
 
根性出して走るのも大事だけど、オトナの遊びは引き際も肝心。
 
決して「サザエさん」に間に合うために引き返すのではない!
 
 
最短ルートで小国へ戻ることに決定。
 
連絡用SNSに「リタイヤして戻ります」と投稿してからヒライを出発。
 
びしょ濡れの我々(と、もう一チーム)をイヤな顔せず受け入れて下さった弁当のヒライ坊中店の方々には感謝だ。
 
 
出発して程なくするとまた雨が本降りになる。
 
 
土橋塾長、YOSUKE、筆者の順で走る。
 
空気抵抗は減るものの、リアタイヤが跳ね上げるしぶきが顔を直撃。
口の中は常に砂でジャリジャリ(笑)
 
スタート直後から雨水を飲んでいるのでボトルの水は半分くらい残っている。
 
時折「うがい」に使いながら走る。
 
 
このコンディションの中、塾長は30km/h以上で巡航し我々を引き続けて大観峰への登り口に到着。
 
 
さて、ここから最後の戦いだ… 
 
 
attack34
大事な大事な、アタックチャぁ〜ンス!
 
 
がはぁっ!(吐血)

 
過去に何度もクルマやバイクで通っている、勾配がキツいのは百も承知なだけに…
そしてさらに、これまでの行程で蓄積された疲労が…
 
 
ちなみにここ1年でロードバイクに乗った距離は200km程度(噴飯!)
 
ナメてるとしか言いようがない…自業自得。
 
 
塾長とYOSUKEを待たせつつ、ミルクロードまで登り切り、小国へ向かって下る。
 
無事に登り切った我々を祝福するかの如く、雨はあがり
 
 
薄日まで差して来た…
 
がはぁっ!(吐血)
 
わざととしか思えない…
 
 
一度休憩を入れてからスタート地点の「木魂館」に戻って来た…時刻は16時。
 
 
日没前に生きて帰ってくることができた…
 
  
さて…最後の一仕事だ。
 
 
リタイヤしたとはいえチーム全員で自力で戻ってきたことを祝福しながらゴールしなければならない。
 
これはジェントルマン達のためのイベントなのだ。
 
雨もあがっていたのでレインウェアを脱ぎ、塾長が準備していたシャンパングラスを片手にゴール地点へ向かう
 
20140729230452
↑こういうイメージ
 
 
いよいよゴール。
 
 
ずっと冷たい雨が降る中、スタートから約7時間半を経て俺たちは戻って来たのだ…
 
公式には完走にはならないけど、俺たちにとっては栄光のゴールだ。

ありがとう、最高の1日だったよ。
 
 
さぁ行こう、ゴールに向かって…
 
 
 
 
15387620_820560431417225_847612360_o
俺たちのゴールへ
 
 
15310868_820560444750557_223189244_o
おっと…
 
 
15322401_820560484750553_122905635_o
おっとっと
 
  
15321477_820560611417207_1884297848_o
ちょっ…ドバっさん!
 
 
15303845_820560691417199_1002262838_o
うわわわわ
 
 
15368997_820560741417194_244760184_o
うわぁーーーーっ!
 
 
15322584_820560781417190_1713332568_o
(photo by 狩野テンメイ)
 
落車ーーーーーーーーーーっ!
 
 
 
 

ぐはあぁっ!(吐血)
 
 
 
 
 
2016年12月4日 九州HeavenRide2016
 
 土橋塾自転車競技部、ゴール手前でリタイヤ。

  
  
 
 
 
 

 
 
  
 
 
 
kan

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

未分類

最悪にして最高の一日【その4】

12月 15th, 2016
コメントは受け付けていません。

<<【その1】はコチラ
 
 
私は塾長に言った
 
 
 
「ここは下らず、もう212号で小国に戻りまsh…」
 
 
 
 
blog0521
 
がはぁっ!!(吐血)
 
 
 
ま…まだ行くの…?
 
 
 
仕方がない、塾長の命令は絶対だ。
 
 
意を決して下り始める…
 

 
 
な…なんじゃこりゃ!!
 
 
 
 
またも激坂!

 
これ勾配20%くらいあるんじゃね??(※下り)
 
15271923_1192264794198760_2633622761521375146_o
(photo by CHANOKO)
激下りを走るYOSUKE。
下ハンドルもってブレーキをしっかり握らないと危ない。
 
しかもヘヴィウェットのコンクリート路面、
 
追い討ちをかけるように連続する相当回り込むヘアピン。
 
 
15398931_712612752222150_1152240662_o
(photo by 落武者)
ここもおそらくは晴れていたら最高の眺望だったのだろう…
 
 
自転車から降りて押し歩いて下っているライダーも居た。
 
尻をサドルの後ろに落としたポジションで慎重に下る…
これってマウンテンバイクで段差降りる時のポジションなんだが…役に立つのはいいけど…

 
慎重過ぎてノロノロでも、コケたら痛そうなので仕方ない。
 
 
すると下の方から
 
 
「ガシャーン」
 
 
と嫌な音が…
 
 
ヘアピンを抜けたところでYOSUKEが落車していた。
 
 
身体は大丈夫なようだったので一安心。
 
自転車は「レバーが…」とかいいながら力で戻していた…
 
 
危ない…マジ危ない…
 
 
史上最高に楽しくない下り。
 
 
もう握力が無くなりつつある中で慎重に下り切ったところで他チームの人達としばし雑談。
 

 
霧の中を3人で走っていたので久しぶりに人が沢山居るとちょっと元気が出た。
 
 
 
比較的普通(に感じられる)路面の下りをちょっと下ると、久しぶりにやって参りましたグラベル。
 
せっかく下ったのに、また上る…
 
 
 
 
chanoko05
(photo by CHANOKO)
ちょっとした登りで押しを入れる筆者
 
グラベルを抜けると、
 
「こんな所に出て来るのか!?」
 
と感心してしまう場所に出て、それからはアスファルトの下り。
 
路面はヘヴィウェットでブレーキレバーの操作もアヤシいので、ゆっくり下る…
 
 
内牧温泉に下ってから他チームの人達と一緒に走った。
 
前走者の後ろについて空気抵抗を減らすドラフティングを使おうとすると、前走車のリアタイヤが跳ね上げる水が顔面を直撃。
 
 
空気抵抗を受けるか?泥水をかぶるか?
 
 
究極の選択をしながら、平坦路を走る。
 
次のKOMポイント「本塚」なのだが、そこに向かうまでの道が砂利道で、グリコカフェオレみたいな茶色い水たまりだらけ。
 
もう避けようもないので、そのまま突っ込む。
 
 
「ジャボジャボジャボ」
 
 
と言わせながら…
 
 
それはそうと「本塚」ってなに?
 
 
阿蘇方面はツーリングやらドライブで相当来ている、「米塚」は聞いたことあるけど「本塚」?
 
 
 
hontsuka
ストリートビューでみた本塚
 
近くで見ると結構デカイ。
近くに来るまで見えなかった…真っ白で(笑)
 
 
こっ…これは…自転車…しかもロードバイクで上る山じゃないよね???
 
 
仕方なく行ってみた…
 
 
hon02
(photo by Trailbucks)
 
いやいやまてまてまてまて

 
 
これってもう、歩きでよくない?????
(同じ道を通って降りて来る) 
 
 
hon01
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 
本塚から降りて、またカフェオレの道を走る。
 
 
国道57号線に出た。
 
 
ここからはいよいよHeavenRideのハイライト
 
 
阿蘇パノラマライン(登山道)へのアタックだ。
 
 
コース最大の山場に挑む前に我々は補給をすることにした。
 
 
コンビニは無かったが「弁当のヒライ」が見えたので、昼食とすることに。
 
 
15311489_820560284750573_1971192677_o
肉うどんが来るのを待ちきれず、いなりを食べる筆者。
 
温かいうどんが…しみる…
 
 
 
【完結編】へ続く!>>
 
 
 
 

未分類

最悪にして最高の一日【その3】

12月 13th, 2016
コメントは受け付けていません。

<<その1はコチラ
 
史上最も楽しくない下りを経て、第一チェックポイントに到着。
 
参加者が各地から持ち寄ったお菓子や温かいコーヒーなどが振舞われ、一息つくことができる。
 
このイベントにスタッフとして参加していたDaijyaman k.k氏が居た。
 
もうここで回収して(クルマに載せて)もらおうと思った私は彼にこう言った
  
  
 
wearable-tech2
貴様のアルファードの鍵をよこせ
 
 
彼とはもう10年近い付き合いだ…
 
私はすでにその時、彼が回答する言葉を予想していた
 
 

hqdefault 
とっとと失せろ、クズ野郎
 
 
私は彼の↑この言葉を待った…
 
彼のリアクションは…
 
 
img1450252179
・・・・
 
 
とっととスタッフ業務に戻ってしまった…
 
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
小国の雨がより一層冷たく感じた…
 
 
 
 
アチコチで記念撮影したりして何やら盛り上がっているが、
 
もう俺、帰りたい…
 
 
ここで止めておかないと、いよいよ戻るのが大変になってしまう。
 
 
kshr201666
(PHOTO by SAYAKO)
温かいコーヒーもすぐ冷めてしまう…
 
ちなみに左端が土橋塾長なのだが
 
その隣は群馬グリフィンレーシングチームのGMである狩野智也選手。
 
ヨーロッパで走った経験もある日本を代表する選手の一人なのだが、アマチュアサイクリストに混ざってびしょ濡れで楽しそうにしている(笑)
そういえば昨夜のパーティーにも普通に参加していたなぁ…
 
狩野選手はもうここで走るのをやめるとのこと。
 
プロ選手は風邪ひいたからと安易に風邪薬が飲めない(ドーピング検査に影響する可能性がある)のでコンディションを考えれば当然の選択。
 
 
 
私も風邪をひいたら仕事に支障をきたすので、土橋塾長に言った
 
 
「我々もここで…」
 
 
 
 
 
blog0521
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 
第一チェックポイントを出発。
 
 
 
激坂というほどではないものの、すぐに登り坂がやってくる。
 
 
とにかく寒いので、ペダルを回して心拍数を上げて体を温めるしかない。
 
 
それほど勾配もきつくないので体も徐々に温まってきた…
 
 
温まってきたところで…
 
 
15241958_1186128234812416_6309649871493699643_n
(photo by CHANOKO)
道路が!!
 
主催者の一人であるtearoom 茶のこのマスター「まつ」さんのFacebookにアップされていた写真の場所!
 
すごい道だが、写真がアップされているのでこのルートで合っているはず!
 
「いや、『この道が現れたら間違いです』って書いてなかった??」
 
「ちょっとfacebook見てみる!」
 
「うわわ!圏外やん!」 
 
といったやり取りをしつつ、やっぱりルートミスという結論に達し
  
 
15302428_820560178083917_1310886661_o
(photo by YOSUKE)
 
記念撮影して引き返した。
 
 
おかげで体はすっかり冷えてしまった…
 
 
 
来た道を戻っていると、他のチームが同じように登って来ていたので
 
「俺たちは用事があるので戻っているけど、このルートで合っているよ!」
 
と言葉をかけつつ走り去り、正規ルートの分岐を見つけたのでコッソリ曲がった。
 
 
 
 
そう、これは生き残りをかけたサバイバルレースなのだ…
 
 
見落としていた道を登り始める。
 
 
 
 
 
attack34
アタックチャぁ〜ンス!
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 

登りきつい…、雨が冷たい…、寒い…
 
 
 
久しぶりに頭の中で渡哲也の「日暮れ坂」エンドレスリピートが始まった…
 
 
な〜んの〜た〜めに〜、安らぎに〜背を向けて〜♪
 

 
すると、草原の中の道に出てきた。
 
おそらく天気がよければ最高の眺望なのだろうが、真っ白…
 

 
霧が出ると牛乳の中を走っているようで真っ白なことから命名されたという一説もある
「ミルクロード」が近いことを感じさせる。
 
 
しばらく走るとミルクロードに出た。
 
 
いつも車やオートバイでバビーンと快走する道だ。
 
 
 
大観峰のちょっと手前から脇道に入るルートになっていたはずなのだが、
 
そもそも「ミルクロードに脇道なんかあったか???」
 
 
ミルクロードをちょっと進むと下に道路を発見。
 
 
多分この道だろう。
 
道から外れて下り始める。
 
数百メートル下ったところで塾長が止まった。
 
 
道を横切るように土砂が流れていたのだが、
 
 
「自転車の通った跡がない」
 
 
我々が通った跡以外に轍はない・・・
 
 
この道じゃない・・・
 
 
下って来た道を登り返す。
距離が大したことなくてよかった。
 
 
ミルクロードに復帰して大観峰方面に進む。
 
すると大観峰入り口から数百メートル手前に脇道を発見。
 
 
ここだ…っつーか、こんなところに道があったとは…
 
 
chanoko04
(photo by CHANOKO)
ちょうどスタッフのまつさんが居たので写真を取ってくれていた。
 
 
私は決して『太陽にほえろ』の「山さん」のモノマネをしているわけではない。
 
 
 
 
さぁ、地図によるとここから下って内牧温泉まで行くらしい…
 
 
相当下ることになる、となると引き返すのも大変だ。
 
 
下らずミルクロードをまっすぐ行って212号で小国に戻るという選択肢もある。
 
 
決断を迫られる…っーか、もう帰ろう。寒い。
 
 
 
【その4に続く】>>

自転車ネタ