Archive

Author Archive

最悪にして最高の一日【その3】

12月 13th, 2016
コメントは受け付けていません。

<<その1はコチラ
 
史上最も楽しくない下りを経て、第一チェックポイントに到着。
 
参加者が各地から持ち寄ったお菓子や温かいコーヒーなどが振舞われ、一息つくことができる。
 
このイベントにスタッフとして参加していたDaijyaman k.k氏が居た。
 
もうここで回収して(クルマに載せて)もらおうと思った私は彼にこう言った
  
  
 
wearable-tech2
貴様のアルファードの鍵をよこせ
 
 
彼とはもう10年近い付き合いだ…
 
私はすでにその時、彼が回答する言葉を予想していた
 
 

hqdefault 
とっとと失せろ、クズ野郎
 
 
私は彼の↑この言葉を待った…
 
彼のリアクションは…
 
 
img1450252179
・・・・
 
 
とっととスタッフ業務に戻ってしまった…
 
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
小国の雨がより一層冷たく感じた…
 
 
 
 
アチコチで記念撮影したりして何やら盛り上がっているが、
 
もう俺、帰りたい…
 
 
ここで止めておかないと、いよいよ戻るのが大変になってしまう。
 
 
kshr201666
(PHOTO by SAYAKO)
温かいコーヒーもすぐ冷めてしまう…
 
ちなみに左端が土橋塾長なのだが
 
その隣は群馬グリフィンレーシングチームのGMである狩野智也選手。
 
ヨーロッパで走った経験もある日本を代表する選手の一人なのだが、アマチュアサイクリストに混ざってびしょ濡れで楽しそうにしている(笑)
そういえば昨夜のパーティーにも普通に参加していたなぁ…
 
狩野選手はもうここで走るのをやめるとのこと。
 
プロ選手は風邪ひいたからと安易に風邪薬が飲めない(ドーピング検査に影響する可能性がある)のでコンディションを考えれば当然の選択。
 
 
 
私も風邪をひいたら仕事に支障をきたすので、土橋塾長に言った
 
 
「我々もここで…」
 
 
 
 
 
blog0521
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 
第一チェックポイントを出発。
 
 
 
激坂というほどではないものの、すぐに登り坂がやってくる。
 
 
とにかく寒いので、ペダルを回して心拍数を上げて体を温めるしかない。
 
 
それほど勾配もきつくないので体も徐々に温まってきた…
 
 
温まってきたところで…
 
 
15241958_1186128234812416_6309649871493699643_n
(photo by CHANOKO)
道路が!!
 
主催者の一人であるtearoom 茶のこのマスター「まつ」さんのFacebookにアップされていた写真の場所!
 
すごい道だが、写真がアップされているのでこのルートで合っているはず!
 
「いや、『この道が現れたら間違いです』って書いてなかった??」
 
「ちょっとfacebook見てみる!」
 
「うわわ!圏外やん!」 
 
といったやり取りをしつつ、やっぱりルートミスという結論に達し
  
 
15302428_820560178083917_1310886661_o
(photo by YOSUKE)
 
記念撮影して引き返した。
 
 
おかげで体はすっかり冷えてしまった…
 
 
 
来た道を戻っていると、他のチームが同じように登って来ていたので
 
「俺たちは用事があるので戻っているけど、このルートで合っているよ!」
 
と言葉をかけつつ走り去り、正規ルートの分岐を見つけたのでコッソリ曲がった。
 
 
 
 
そう、これは生き残りをかけたサバイバルレースなのだ…
 
 
見落としていた道を登り始める。
 
 
 
 
 
attack34
アタックチャぁ〜ンス!
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 

登りきつい…、雨が冷たい…、寒い…
 
 
 
久しぶりに頭の中で渡哲也の「日暮れ坂」エンドレスリピートが始まった…
 
 
な〜んの〜た〜めに〜、安らぎに〜背を向けて〜♪
 

 
すると、草原の中の道に出てきた。
 
おそらく天気がよければ最高の眺望なのだろうが、真っ白…
 

 
霧が出ると牛乳の中を走っているようで真っ白なことから命名されたという一説もある
「ミルクロード」が近いことを感じさせる。
 
 
しばらく走るとミルクロードに出た。
 
 
いつも車やオートバイでバビーンと快走する道だ。
 
 
 
大観峰のちょっと手前から脇道に入るルートになっていたはずなのだが、
 
そもそも「ミルクロードに脇道なんかあったか???」
 
 
ミルクロードをちょっと進むと下に道路を発見。
 
 
多分この道だろう。
 
道から外れて下り始める。
 
数百メートル下ったところで塾長が止まった。
 
 
道を横切るように土砂が流れていたのだが、
 
 
「自転車の通った跡がない」
 
 
我々が通った跡以外に轍はない・・・
 
 
この道じゃない・・・
 
 
下って来た道を登り返す。
距離が大したことなくてよかった。
 
 
ミルクロードに復帰して大観峰方面に進む。
 
すると大観峰入り口から数百メートル手前に脇道を発見。
 
 
ここだ…っつーか、こんなところに道があったとは…
 
 
chanoko04
(photo by CHANOKO)
ちょうどスタッフのまつさんが居たので写真を取ってくれていた。
 
 
私は決して『太陽にほえろ』の「山さん」のモノマネをしているわけではない。
 
 
 
 
さぁ、地図によるとここから下って内牧温泉まで行くらしい…
 
 
相当下ることになる、となると引き返すのも大変だ。
 
 
下らずミルクロードをまっすぐ行って212号で小国に戻るという選択肢もある。
 
 
決断を迫られる…っーか、もう帰ろう。寒い。
 
 
 
【その4に続く】>>

自転車ネタ

ナイトライダー・天草に散る2009【後編】

3月 5th, 2009

しかし、それにしても相変わらずの人気ぶりで、賑わっている。
 
私の友人Dコちゃん(男)とカバオ君は申し込みが遅かったため、100kmコースに回されて
しまったらしい。
 
やはり皆、このイベントは外せないのだろう。
 

 
 
さて、今回の参加メンバーであるが…
 
 
昨年(2008年)の本大会においては、前年に作った揃いのチームジャージで走って
沿道の人々から指差されたことも記憶に新しい。
 
 
 
IMGP0214.JPG
2008年スタート前の写真
 
 
  
 
 
 
 
そして、今年2009年は…
  
  
 
  
  
 
 
 
 
 
R0015862.JPG
勢力拡大!(爆)
 
 
 
 
 
 
まさに天草の一大勢力! 
 
 
 
 
 
IMGP2567.JPG
かたまっていると、かなり怪しい集団に見えるようだ。
 
 
 
派手すぎる!
目がチカチカする!
クドい!
怪しい!

 
 
 
などといった賞賛の言葉を沢山頂いた(爆)
 
 
 
筆者としても
ジャージデザイナー冥利につきるというものだ。
 
 
 
 
 
そろそろヨーロッパのプロツアーチームからジャージのデザイン依頼がきても
良いころなのだが…
 
 
 
 
  
 
 
  
さて、そんな感じで午前9時、2009年サイクルマラソン天草がスタートした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スタート前に念入りなストレッチはしているものの、アップは必要なのでゆっくり走る…
 
 
ゆっくり…
 
 
IMGP1533.JPG
時速38km
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
先頭のナガタ君は、しょっぱなから飛ばす。
 
 
ひとしきり先頭を走ったナガタ君は、先頭から列の後ろに降りた。
 
 
 
ということは…
 
 
 
 
先頭は俺(笑)
 
 
 
 
おかしい。
 
 
 
 
メンバーの皆には膝痛を押して出走している事を伝えてあるハズだ…
 
 
 
ペースが著しく落ちるのはイカンので、35km/h前後で走る。
 
 
距離は残り110km。
 
 
ゴールまで持つのか?俺。
 
 
 
 
 
不安になってきたので後ろに下がる。
 
 
 
 
 
今の所、膝は全く問題ない。
 
 
 
 
走り始めてしまえば楽しいサイクリングである。
 
やっぱり出走してよかったと思った。
 
 
 
 
 
あっと言う間に最初のエイドステーション(給水所)に到着。
 
 
 
バナナとかお菓子を補給して、走り出す。 
 
 
 
日曜日を返上して地元の中学生がボランティアとして仕事をしてくれていた。
感謝感謝である。
 
 
 
 
 
 
IMGP2572.jpg
牛深の名所「ハイヤ大橋」を渡る。
 
天気も最高。
 
 
 
 
 
 
 
 
牛深市内を抜けて軽くアタックチャンス。
このあたりは年々楽になってきているなぁなどと余裕をかます。
 
 
 
 
 
 
IMGP2577.JPG
こちらはすっかりこのブログでもお馴染みのHIDEKI
仕事柄、この時期は超忙しいはずなのに参加している(笑)
 
ちなみに去年の秋に自転車を買って、すでに5kg減らしい。
 
 
 
 
と、停まってこんな写真を撮っていたら、メンバーにおいて行かれてしまった(笑)
 
 
 
一人旅。
 
 
 
 
IMGP2580.JPG
キレイな海を見ながら追い風に乗って走る。
 
 
スタートして60kmを越えたが
膝痛は出て来ない。
 
 
 
 
ほどなく昼食ポイントである第二エイドに到着。
70kmを走った。
 
60kmという関門をクリア。
 
 
 
先着していたメンバーはすでに昼飯を食べ始めていた。 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMGP1681.JPG
昼食後、ストレッチとマッサージしている筆者。
 
 
 
 
実はこの時、左膝に若干違和感が出てきはじめていた。
 
 
 
 
駐車場には回収バスが停まっていた。
 
まぁ、もうちょっと、行けるとこまで見ることにした。
 
 
 
 
 
 
さぁここからは天草名物。
 
昼食直後の
 
 
attack3.jpg
アタックチャぁーンス!
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
気づいたら、また先頭を走っていた。 
 
 
 
おかしい。
 
 
メンバーの皆には膝痛を押して出走している事を伝えてあるハズだ…
  
 
 
 
 
勾配は大した事ないのだが、左膝の違和感が痛みに変わって来たのを感じる。
 
 
やばい。
 
 
 
 
他のメンバーに先に行くように言ってペースを落す。 
 
 
 
 
error090113.jpg
 
がはぁっ!(吐血) 
 
 
昼食会場に戻って回収バスに乗るか?
 
 
 
 
 
IMGP1709.JPG
しかし、トンネルを抜けると下りになり、勢い良く下ってしまったので
昼食会場には戻れなくなってしまった(笑)
 
 
 
もちろん、リタイヤするなら停まって待っていれば回収バスが拾ってくれる。
 
 
 
そう、いつでもリタイヤできるのだ。
 
 
 
IMGP1726.JPG
峠を一つ越え、眺めの良い場所でメンバーが待ってくれていた。
  
 
 
 
 
 
記念撮影をして、再スタート。
 
 
 
 
 
とにかく、空の色も、海の色もすばらしい。
今まででベストな美しさだ。
 
 
 
この美しい風景の中を走るメンバーの姿を是非写真に収めたい
思った私は、停まってデジカメを取り出した。
 
 
 
 
IMGP2591.JPG
自転車に股がったままなので、アングルがイマイチ納得
できなかったが…
 
 
 
 
さて、ここからは向かい風が吹くことで有名な苓北の海沿い道路だ。
 
 
 
 
 
集団で先頭交代しながら走らないととてもじゃないがキツすぎる、
しかも私の膝はもう限界に近くなっているのだ。

 
 
 
デジカメをポケットにしまい、先で待っていてくれているメンバーを追う。
 
 
 
 
追う。
 
 
 
 
 
追う。
 
 
 
 
 
あれ??
 
 
 
 
 
 
IMGP2595.JPG
誰も待ってねぇ!!!!(爆)
 
 
 
 
 
 
 
強烈な向かい風の中、一人旅となった。
 
 
 
シャレにならない程の向かい風は
 
 
 
 
ゴワァ!!
という轟音とともに自転車をスタート地点方向へ押し戻す
 
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
 
下り坂でもペダルを回さないとスピードが落ちる(!)
 
 
 
 
 
 
IMGP1747.JPG
カメラもブレる(笑)
  
 
 
 
 
膝はいよいよ限界か?
 
路肩に停まってストレッチを試みるも、改善せず。
 
 
このまま回収バスを待つか?
 
 
 
 
私の前を女性サイクリストが苦しそうに通過していった。
 
 
 
まだ走ろう。
 
 
 
 
とにかく前に進まない。
 
 
 
平地なのに時速14kmを記録してしまった(笑)
 
 
 
 
 
そろそろ限界だぞ。
 
自転車を海に投げ落したくなる(笑)
 
 
 
 
 
 
 
いい加減にしろ、この向かい風野郎!!!!
俺は膝が痛いんだよ!!

 
 
 
 
 
 
 
どうにもならなかった。
 
 
 
 
ヘロヘロになりながら、唯一ともいえるコンビニに到着。
 
 
 
トイレを借り、ドリンクを補給して再スタート。
 
 
 
 
 
もうだめだ、やめよう。
 
 
もうちょっと行ってみよう。
 
 
 
と、葛藤しているうちにあることに気づいた。
 
 
 
 
 
ハンドルの下の方を握って、強い前傾ポジションをとると
膝があまり痛くない。

 
ハンドル上側を持って、上体を起こしてペダルを回すと
膝が痛い。

 
 
 
どうやら、姿勢によって痛くないポジションがあるらしい。
 
 
 
 
痛くておそるおそる回していたが、前傾ポジションで積極的に
ペダルを回すとほとんど痛くない。
 
スタートから100km。
 
 
行けるか!ゴールまで!!
 
 
  
  
 
 
第三エイドが見えて来た。 
 
 
痛くないポイントでペダルが回せていたし、ドリンクもコンビニで
補給したばかりだったので、停まりたくなかった。
 
停まってペダルからシューズを外すために脚を捻ると激痛が走るはず。
 
そして、第三エイドは出るとスグに上り坂なので、再スタートもキツい(笑)
 
意を決してエイドをスルーすることにし、勢いをつけて坂を上った。
 
 
淡々と距離を稼ぐ。
 
幸い、風向きは追い風基調となっている。
 
 
 
120km地点にさしかかるころ、メンバー達が追い付いて来た。
 
 
 
エイドで追い越してしまったらしい。
 
 
 
 
そのまま合流し、後ろについて残りの距離を引いてもらった。
 
 
本渡市内で信号に引っかかるたびに痛みを堪えてペダルから
シューズを外すのが辛かった。
 
市街地を抜けて、海沿いの道路を快走する。
 
やっぱり集団で走ると楽だねー。
 
 
 
 
 
 
そして16時、ついにゴール。
 
 
 
 
 
 
IMGP2612.JPG
 
長い長い135kmが終わった。
 
 
自分の身体と対話しながら走った135km。
 
 
ちょっと無理して走ったような形になってしまったが、いろいろ試すうちに
痛くないペダリング=正しいペダリングがわかり、結果的になんとか
完走することができた。 
 
 
 
 
 
IMGP1858.JPG
お約束の、ゴール後に振る舞われるぜんざいを食べる筆者。
 
 
 
初めておかわりした(笑)
 
 
 
 
 
三度目の完走なのに嬉しさは今までで最高だった。
 
 
 
 
 
 
 
その日の夜は、熊本市内のd師匠の家で打ち上げ。
 
 
 
 
  
R0015872.JPG
ジャージを脱げば一般人に見える(爆)
 
 
 
 
 
自転車談義やバカ話に花が咲く。
 
 
 
 
自転車のおかげでこんな楽しい仲間達と出会い、楽しい時間を
過ごす事ができる。
 
 
こんな幸せな事は無い。
 
 
>人生はネタ
 
 
と良いながらも、私は周りのみんなからネタを提供して
もらっている
のだ。
 
 
苓北の手前で写真を撮る為に停まった俺を待たずに先に行ってしまったのも
ネタを提供してくれたんだろう?
 
 
 
みんなありがとう。
 
 
みんなと天草を走れて、俺は幸せだったよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
R0015880.jpg
 
 
爆睡。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたも自転車を始めませんか?(お約束)
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
※左膝痛の原因は筋肉のバランスと、ペダリングの悪さが原因だったようです。
 様子をみながらじっくり取り組んで、膝痛が出ない身体を目指します。
 しかしながら、半月板が損傷しているのは事実ですので、しばらくマラソンは
 控える予定です、「最近マラソンは出てないのか?」といったツッコミは
 無しで御願いします(笑) 
 
 長距離走った後、必ずガチガチに凝っていた肩や首が、今回は平気でした。
 整体の際に「首が詰まっている」と首も重点的に施術してもらったのが
 効いたようです。
  
 
熊本県サイクリング協会の皆様、ボランティアスタッフの皆様のおかげで楽しい
一日を過ごすことができました。ありがとうございました。
 
 
 
 
 

自転車

ナイトライダー・天草に散る2009【前編】

3月 5th, 2009

2009年3月1日(日曜日)
 
 
九州のサイクリスト達に春の訪れを告げるイベント
 
サイクルマラソン天草
 
が開催された。 
  
 
 

 
 
 
IMGP2564.JPG
今年で3回目の参加だが、私はかつてないテンションの低さ
開会式会場に居た。
 
 
 
別に3度目の参加で飽きてきたわけでもないし、
カッとなってアルファロメヲを購入したことで家庭不和が起きたわけでもない(笑)
 
 
テンションの低さの原因…それは。
 
 
 
左膝の60kmタイマー。
 
 
 
昨年の
 
屈辱の月曜日
ナイトライダー、草千里に散る
湯けむりサイクリスト、ナイトライダーの事件簿
 
の時に発症した左膝痛。
 
いずれも60km地点でスイッチを入れたかのように痛くなっている
 
天草前ということもあり、2月中旬に家から62km離れたイオンモールまで行ってみるも
直前で膝痛が発生し、タイマーが正常に作動していることを確認している。
(嫁と子供はクルマで来ていたので積んで帰った)
  
 
イオンモールでの膝痛の後…
 
私は県内にあるスポーツ整形、とりわけ膝を専門としている有名なクリニックで診察を受けた。
 
レントゲンとMRIで左膝を撮影して、診察室へ。
 
ドクターが私の左膝に対して下した診断は…
 
 
外側半月板損傷。
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
しかし、損傷といっても程度は軽く、内視鏡手術による損傷箇所の切除手術した方がよいか?
となると、「正直微妙」だとドクターが言う。
 
急いで手術する必要はないから、ペダリングフォームなどを調整しながら様子をみてみて、
手術が必要と思ったならいつでも連絡下さい。

 
と言われて私はクリニックを後にした。
 
スポーツをしない(知らない)ドクターだったら、すぐ手術しろと言われていたかもしれない。
 
 
 
今まで手術はおろか、入院すらしたことない私は非常に迷った。
日帰りでできるらしく、日常生活に影響は少ないとのことだったが、自分の身体にメスを
入れたくないというのが正直な気持ちだった。
 
 
 
そんな時、MTBライダーのミヤモッチ氏からウデが良いという整体を紹介していただいた。
 
 
 
 
sendo.JPG
福岡市博多区にある「仙道」
 
 
 
こちらもトップアスリートを診て来た経験を持つスポーツに理解ある整体師である。
 
 
 
予約を入れてお店に伺う。
 
 
私の体型を見て一言、その先生は「筋肉のバランスが悪い」と…
 
 
O脚とストレッチ不足の影響で、足の外側しか使えていない(荷重が外側に偏っている)
状態だと。
 
結果、外側の筋肉しか使っておらず、内転筋やお尻の筋肉、
太腿裏側の筋肉が全然使えていない状態だという。
 
足の外側の筋肉をほぐし、内側の筋肉を鍛えて使えるようしてやれば
バランスがとれるだろうとのこと。
 
半月板を痛めた原因に対処しなければ、手術してもまた同じ事を繰り返すこととなる。
 
  
 
 
診察台に横たわり、右足からマッサージが始まった。
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
痛ぇぇぇぇえ!!(爆)
 
 
まさに容赦無し。
 
 
右足が終わって左足。
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
うぎゃぁぁぁぁ!!!!!!!!!
 
 
 
 
足だけでなく、背中、首、ウデ、などなど全身に及ぶ…
 
ゴリゴリっ!
 
バキバキっ!!
 
 
うぎゃぁぁぁぁ!!!!!!!!!
 
あぎゃぁぁぁぁぁあ!
 
ぐえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
 
たわばっ!!
 
 
 
そして、
 
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
凝りをほぐす
というより、
 
凝りをすべて潰す
 
という表現がぴったりだった。
 
 
私が自分の脚を触って「筋肉つきよるぜ〜」
喜んでいたのは、ただ単に凝っているだけだった(爆)
 
 
※一部表現を誇張もしておりますが、私の要望に従って施術して下さっただけで、
 一般のお客さんには優しいと思います(笑)
 
 
きっちり1時間後…
 
 
 
 
 
はい、終わりましたよ〜
 
 
と言われて診察台から降りた私は驚いた。
 
 
 
足の接地面が変わっている。
 
 
施術してもらう前より重心位置が親指寄りに移動している。
 
 
 
もちろん、これだけでは良くならないので、ストレッチの方法や
筋トレの方法まで丁寧に教えていただいた。
  
 
最後にその先生はニコッと微笑みながら一言。
 
 
大丈夫!大丈夫!自転車もフルマラソンもできるようになる!
 
 
…と。
 
 
 
帰宅の途に着いた私の足取りが軽かったのはマッサージの効果だけではなかっただろう。
 
結構ハードにマッサージされたにもかかわらず、いわゆる「もみ返し」のような
症状はまったく現れず。
 
さすが、である。
 
 
 
 
その2日後。 
 
 
 
 
 
 
1089537225_57.jpg
エントリー済みだった、マラソン大会(10kmコース)に参加した。
 
 
もちろん2日程度では良くなるはずが無いことはわかっていたが、前出のドクターや
整体の先生からもスポーツを止められなかったので、調子をみるために重心位置を
意識して走ってみた。
 
 
 
 
 
 
結果、8km地点で膝痛発生
 
 
 
 
 
だめだこりゃ。 
 
 
 
天草まで一週間しかないのに、これでは135kmは無理だ。
 
やはり、じっくり取り組まないと…。
 
 
  
 
参加するメンバー達のサポート兼カメラマンとして天草をクルマで走ろうと決めた。
 
 
 
 
 
決めたが、心のどこかで諦めきれない自分が居る(笑)
 
 
 
 
天草3日前、往生際の悪い私は自転車のチェックをしていた。
 
 
その光景を見ていた嫁さんが軽〜く私に言った。
 
 
 
「走れるところまで走って、無理なら回収バスに乗れば?」
 
 
 
そうだ、60kmは走れるんだから、走ってみようか!
と私が気持ちが軽くなって出走する決断をした。
 
さすが私の嫁さんだ!と思っていると、
 
彼女は続けた
 
 
 
「だってエントリー代もったいないやん」
 
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
おしゃる通り…
 
 
 
 
 
 
 
そして3月1日早朝、私は天草に向けて自転車を載せたクルマをスタートさせた。
 
 
夜明け前の道を走る私の脳裏に、あの左膝の痛みが甦って来る。
 
IMGP0409.JPG
またあの痛みを味わって、回収バスに乗るのか…?
 
 
なんとなく、負け戦に臨むような気分になってきた。
 
 
 
 
テンションが上がらないまま会場入りした私。
 
 
 
一緒に参加するメンバー達が心配してくれる。
 
 
「なるようにしかならんバイ! 回収バスもまたネタ!」
 
 
とカラ元気を出してみるが、やはりテンションは上がらない。
 
 
 
そんな私に「気楽に行け」と言わんばかりに、会場横の牛小屋から牛の鳴き声が聞こえてきた。
 
  
 
 
 
続く→
 

自転車