Archive

Archive for the ‘自転車’ Category

最悪にして最高の一日【その1】

12月 12th, 2016
コメントは受け付けていません。

2016年12月4日(日)
「九州 Heaven Ride 2016」
に参加した。
 
最大5名でチームを組み、与えられた地図をもとにロードバイク(自転車ね)で小国〜阿蘇エリアに設けられたチェックポイントを回って戻って来るというイベント。
 
このイベントの特徴は「招待制」であることと、ロードバイクだけど走る場所は「必ずしもオンロードではない」ということ。

10月下旬に土橋塾長から「Heaven Rideに出ないか?」とお誘いを受けた。
 
どうやら土橋塾にも招待が来たらしい。
 
私は熟考の末、期待に応えなければならんと思い出場の意志を表明した。
 
 
土橋塾長は言った
 
 
「わかった…じゃぁ、冬用のジャージ発注するからサイズ決めてネ!」
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
まっ…まさか、冬用ジャージの最低発注枚数を確保するために誘われたの?俺? 
 
 
土曜日夕方会社のスタッフに「ちょっと商談に行って来る…」と言い残し、ロードバイクを積んだジムニーで小国町へ…
 
 
なかなかのテンションで展開される前夜祭を楽しみ、ビールとかワインとか飲みつつ…
 
スマートフォンで「雨」予報を確認して「雨降ったら自転車降さんで温泉だけ入って帰ろう」と秘かに思っており、
土橋塾長と「早朝コッソリ置き手紙置いて姿を消そう」と打ち合わせていた。
  
皆が寝静まった頃を見計らい、イベント連絡用のSNSに下記の画像をアップし、印刷した置き手紙を準備して就寝した。
 
15356673_1163691437047906_5932433594649686066_n

 
あけて翌日。
 
 
寝坊した…普通にAM6時とかに起きてしまった…
 
 
がはぁっ!(吐血)

 
しかも曇りで「もしかしてなんとか持ってくれるかな?」というレベルのお天気だったためか、他の参加者達は普通に出走準備を始めており、私もつられて自転車降ろして着替えを始める…

スタート前のブリーフィングが始まる頃を見計らったかのように「ザーっ!」と雨が降り出した。

がはぁっ!(吐血)
 
もうホントに「ザーッ!」と降っている。

部屋の中から外を見ると白い線が幾筋も見える程に降っている。
 
もう帰ろう… 
 
完全に上の空でブリーフィングを聞き、いよいよスタート時刻に…

雨が降ったら自転車なんか乗らないので自転車用レインウェアなんて持っていない。
とりあえずウインドブレーカー着てみたものの、すぐに水が染みてくる…だめだこりゃ。

仕方なく着膨れ覚悟でアウトドア用のmontbell製合羽を出してジャージの上に着て、フードがバタつかないようその上からウインドブレーカーを着用。
 
01
(photo by CHANOKO)
せっかく新調した冬用ジャージがまったく見えないという残念な出で立ちでスタートラインに並んだ。
※筆者は向かって右
 
 
聞くところによると、エントリーしていた19チームすべて出走らしい…
 
 
しかもなんか皆ニコニコしとるし…
 
 
意味分からん…
 
 
AM8時45分、土橋塾チームスタート。
 
 
 
 
 
【その2】へ続く>>
 
 

自転車

セルフディスカバリーアドベンチャー2012 【3】

9月 21st, 2012

【2】はこちら>>
【1】はこちら>>
 
 
 
自転車を軽く洗って、シャワーを浴び、着替える。
 

 
自転車をクルマに積み込んで、帰る準備をしたら表彰式だ。
 
 
 
今回も遠征メンバー内から表彰者が!
 

 
 
sda201220
クロスロードバイシクル店主、宮本氏、120km年代別(40代)優勝!
 
2回パンクしたのに総合でも8位だったことを考えると…次回にも期待だ。
 
これからは彼のことを
 
 
長距離系マウンテンバイク日本最速店長
 
と呼ばねばなるまい…
 
 
そして
 
 
sda201219
今回初出場のタカキ氏、100km年代別(50代)3位!(写真右)
 
 
私以外はスバラシ過ぎる結果となった。
 
 
もちろん私とは練習量がまったく違うのでアタリマエの結果と言えるのだが、
とにかく心からおめでとうと言いたい。
 
 
 
 
表彰式も終了し、ハイエースとデリカD5は帰路につく。
 
 

 
 
sda201226
19号線に出てすぐの道の駅を出発する頃にはすっかり暗くなっていた。
 
 
 
今回もいつもの如く、多賀サービスエリアまで走り、ハイウェイホテルで宿泊して
翌朝九州に向って出発する予定だ。
 
 
 
 
私以外は。
 
 
 
 

 
 
 
SDA in 王滝に出場しました
 

 
練習不足で苦労しました
 

 
でもなんとか完走しました
 

 
おわり

 
 
 
こんな内容で「車界学」を更新してしまっては、またもや読者の皆様から
 
 
ゲリラ豪雨の如き批判を浴びせられるのは火を見るより明らかだ。
 
 
そして何より、
 
 
去年落したボトルがまだ見つかっていない!
 
 
 
 
そこで、もう一度コースに入ってボトルを探すことにした。
 
 
私は王滝村で居残り補修だ。
  
 
 
 
明けて2012年9月17日(敬老の日)
 
 
 
 
 
 
 
sda201213
 
OSJクロスマウンテンマラソンに出走!!
 
 
SDA王滝の翌日にMTBレースのコースを一部使って開催されるマウンテンマラソン。
 
 
 
距離はもちろん漢の42km!!
 
 
しかも、雨!
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
当然ながら自転車で100km走った翌日にフルマラソンを走ったことなどあるハズもない。 
 
 
 
sda201227
さらにオフロードで山を2回越えなければならないという超ハードコース。
 
 
さらにさらに!
 
 
何があっても8時間以内にゴールしないと帰りの電車に間に合わない(爆
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
まさに未体験ゾーン。
 
 
これぞまさにセルフディスカバリーアドベンチャー。
 
 
 
 
 
午前7時00分。
 
 
ネタ探しの旅が始まった。
 
 
 
 

 
 
その4に続く>>

その他, 自転車

セルディスカバリーアドベンチャー2012 【2】

9月 20th, 2012

【1】はこちら>>
 
 
sda20125
コースも本格的なオフロードになり、王滝らしい雰囲気になってきた。
 
 
写真を撮るために路肩に停まったら、後ろから参加者が次々とやってきて
再スタートができない…
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
なんとかちょっとした隙間を見つけて再スタート。
 
 
 
アップダウンをこなしながら、20km程走ったあたりからなんとなく腰に痛みが…
 
 
さらには1週間程前にサドルと尻の接触面(点)にできていた「できもの」が
完治していなかったようで、サドルに座っていると左の尻が痛い…
(後でこれは「できもの」のためではないとわかったのだが)
 
 
時折立ち漕ぎを交えながら淡々と距離を稼ぐ。
 
 
立ち漕ぎで走っていた私を見たとある参加者が
 
「なんか元気いいっすね〜」
 
と声をかけてきた。
 
「いや、腰が痛いんで立ち漕ぎでごまかしているんですよ」
 
と答える私… 
 
するとそのライダーは
 
 
「いやー、今の時点で腰痛はヤバいんじゃないっすか!?」
 
 
と…
 
 
そんなことはわかっとる!!
 
  
 
 
相変わらず下りでブチ抜かれまくりだが、腰が痛いためスタンディングポジションが
長く取れない…サドルに座ると尻が痛い…
 
 
石がゴロゴロしている下りで思わず足を着いてしまったり…
 
 
 
sda20126
ヘアピンの出口です。
 
 
 
水が少ない三浦ダム湖畔の平地を走り、再び上り坂へ突入。

 
 
尻が痛い、腰が痛い…
 
 
 
おおっと、チェーンがキリキリ言い出した…オイル切れだ。
 
 
もちろん今回もチェーンオイルを携行しているので問題はない。
第二チェックポイントまでなんとかだましだまし走った。
 
 

sda20127
第二チェックポイント到着。
 
チェックポイントでトイレと注油をしていると、カサイ氏とタカムラ氏が追い付いて来た。
 
 
3人で同時に出発し、しばらく一緒に走っていたものの、前の二人との距離は次第に開いて行く…
 
 
長く続く上り坂、前の二人は見えなくなってしまった…
 
 
私は思った
 
 
「もう追い付くことはないだろう」
 
 
 
それからはひたすら尻の痛みと腰の痛みに耐えて距離を稼いだ。
 
 
御嶽山と三浦ダムの風景だけがせめてもの慰めだ。
 
 
昨年もアップしたお気に入りポイントにさしかかる
 
 

 
outaki1
去年はベストビューポイントから50m程ずれた場所での撮影だった。(これは去年の写真)
 
 

今年は是非、ベストビューを皆様に観て頂きたいと思っていた私はちゃんとベストポジションで停止しカメラを取り出して撮影した。
 
 
 
ベストビューポイントからの景観をご覧いただこう…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
sda20128
あっ、御嶽山に雲がかかってる…
しかも道端に寄ってるのでなんかアングル的にもイマイチ…
 
 
がはぁっ!(吐血)
 
 

 
やはり是非ご自分の目で御確認いただきたい。
 
 
 
再スタートして、少しずつ進む。
 
 
 
 
しばらく走ると、下り坂で私の後ろについて遠慮がちに走る気配を感じた。
 
 
私は直線の手前でそのライダーに右手で合図して道を譲った。
 
 
私「オレ、下り下手なんで先に行っていいっすよ!」
 
後ろの人「私も下り苦手なんですよ〜」
 
 
あらら、女性でした。
 
 
 
彼女は私の前に出るとスムーズなライディングで
 
 
 
あっと言う間に見えなくなってしまった…
 
  
 
がはぁっ!(吐血)
 
 
 
私は思った
 
 
「もう追い付くことはないだろう」
 
 
 

 
 
今回の目標にしていた7時間切りはもう無理だ。
 
 
それより、もうなんでもいいので早くゴールしたい。
 
キンキンに冷えたコーラを飲んで思い切りゲップしたい(爆)
 
 
 
これはもはや苦行だ。
 
 
 
もうSDA王滝なんて出ねぇ。
  
MTB乗るのもやめようかな。

 
 
 
王滝は3回目だが間違いなく過去最高にツライ。
 
 
 
 
下り坂でも振動の吸収を上手くできないので、速度を落すしかない…
 
 
過去最高にグダグダな走りだ。
 
 
 
 
 
 
 
そして、ようやく…ようやく最後の橋に到着
 
 
 
ゴール地点へ向って下り坂を走る。
 
 
幸いあまり荒れていないので楽に走ることができた。
 
 
 
 
「もうすぐフィニッシュ」
 
 
 
という看板が視界に入り、少し涙が出た(笑)
 
 
7時間46分20秒 336位/(完走729名)
 
 
去年より遅い…
 
 
 
 
だがそんなことより、苦行を終えられたことに安堵し、
ゴール地点を早々に立ち去り、メイン会場に戻った。
 
 
 
その3に続く>>

自転車